2016年12月30日金曜日

ESPECIA「Hotel Estrella -EVE-」に行ってきた


今年最後の定期イベント朝ペシア。
12/24クリスマスイヴの開催ということでクリスマスらしい?名前を一見しただけではよく分からない横文字だらけのメニューです。美味しくいただきました。



セットリスト

  1. Nothing
  2. Savior
  3. 海辺のサティ
  4. 雨のパーラー
  5. Mistake
  6. West Philly

MC

  7. ナイトライダー
  8. スカイタイム
  9. オレンジ・ファストレーン
10. Danger
11. FOOLISH  (12" Extended Ver)

アンコール

12. レイニー・ブルース
13. Boogie Aroma 2016




今回の3人、悠香ちゃんはお団子ヘア。絵莉加ちゃんはハーフアップで顔周りをスッキリ。Miaちゃんは髪型自体はストレートですがクジャクの羽のような大きめの髪飾りをつけていて可愛かったです。
クリスマスイヴとはいえライブ自体は通常営業の朝ペシアです。ESPECIAのクリスマスソングと言えば3年前にリリースした「Our SP!CE」なわけですが、さすがに現体制での披露は厳しかった模様…。


今回も少し定刻を押して「Nothing」からスタート。「Savior」は前回から引き続きメインはMiaちゃん。以前アカペラでワンコーラスだけ悠香ちゃんリードで披露したものの、使ったフルのオケに乗せて歌うのは初の「雨のパーラー」は、メインがMiaちゃん、コーラスを悠香ちゃん絵莉加ちゃんで固めた体制に変更。悠香ちゃんがコーラスに回るととてもコーラスに厚みが出て安定しますね。

そしてこちらも初披露の「West Philly」!渋いダウナーなソウルで元々コーラスやフェイクが入った曲なので、現体制での復活は早そうだと勝手に思っていたこの曲。ようやくです。メインは悠香ちゃんで曲終盤でフェイクを入れるのも悠香ちゃん。5人時代からの担当パートも多くあり歌い慣れているように見えたのは先入観のせいでしょうか。フェイクでの表情やボーカルは以前よりメリハリがついたというか、盛り上がりどころで目いっぱい声を張るように歌っていたところを、声を張り過ぎず無理のない歌唱に。以前より余裕を感じました。


今回のMCではクリスマスメニューに触れ、Miaちゃんも以前より積極的に日本語でMCに参加。悠香ちゃんの指示でカタカナに弱い?絵莉加ちゃんが横文字だらけのメニューを読んでましたが読めてませんでした…笑 この1年、あれだけの変化を経てもこの2人の雰囲気は変わらなくてなんだかしみじみ。予定より長めにMCの時間をとってしまった様子でした。


そして!MC明けの曲振りで突如始まったのは「ナイトライダー」!デビューEP『DULCE』の曲が新体制で聴けるなんて…。メインボーカルは絵莉加ちゃん!ESPECIAの歴史の中でも重要な1曲でリードをとる絵莉加ちゃんはイキイキしているように見えました。この不意打ちでオタクの湧きっぷりも間違いなくその日1番でした。軽いコールや落ちサビでのケチャを反射的に入れるオタク多数。Miaちゃんが引かなかったか心配。
続いてコチラも現体制初披露の「スカイタイム」!メインは悠香ちゃん。そして「オレンジ・ファストレーン」とミニアルバム『AMARGA』からの選曲が続きます。「ナイトライダー」の熱狂をクールダウンしつつ程よく盛り上がるのに丁度いい選曲。そんな程よく暖まったフロアを再びヒートアップさせたのが「Danger」。「ナイトライダー」から続く心地よい高揚感に決めの一手を投入したきたような感覚です。最後は「FOOLISH (12" Extended Ver)」で本編終了。


アンコールは序盤のMCでしゃべり過ぎた?からかMCなし。「レイニー・ブルース」と「Boogie Aroma 2016」駆け足とは言わないまでもササッと歌って終了。




現体制の方向性を鑑みると、1章からある曲の中でもボーカル重視ですぐ復活しそうな曲と、今後は復活は難しいであろう曲は大体想像がついていました。しかし朝ペシアを重ねるごとに意外な曲の復活があったり、逆に即復活しそうな曲はなかなか復活なかったりといい意味で期待を裏切ってくれることが多く、定期イベントでもルーティンにならず必ず進化や変化をみせてくれます。
特に今回は5人時代の代表曲と言っても過言ではない「ナイトライダー」を復活させてくれたことがオタクとしては本当に嬉しい。どういう話し合いの元この選曲になったのだろう。とにかく考えてもいなかったような曲の復活がこれからまだまだ待っていると思うと次回への期待が更に高まります。挑戦や実験が多く見られる事が朝ペシアの醍醐味ですね。2017年のESPECIAにもいい意味で予想を裏切ってほしいです。