2015年7月17日金曜日

Future funk と Seapunk というマイナージャンル


今年に入って猛烈なマイブームが巻き起こっていたVaporwaveという音楽ジャンル。
Vaporwaveがよく分からない方は先にこちらを読んでいただけると嬉しいです( 心の耳で聴け: つかみどころないVaporwaveとかいうジャンル )。

で、Vaporwaveについて色々調べていくとFuture funkSeapunkというこれまた先細り過ぎてどこに向けているのかよく分からない、Vaporwaveから派生したらしい音楽ジャンルがあることが分かったので今回はそのあたりのことを書いていきます。




Future funk



Future funkはVaporwaveから派生したサブジャンル。Vaporwaveのカオティックな部分(わざとザラ付かせたローファイサウンド、変則的な展開、ピッチを極端に落として伸びきった元ネタなど、初見の人を困惑させるような要素)をある程度差し引いてダンサブルにしたような音楽で、ファンク、AOR、ディスコ、アンビエント、チルウェイヴなんかのクロスオーバー。Vaporwaveと比べると圧倒的に爽やかでオシャレなジャンルです。

Vaporwaveとの共通点は、80年代当時のブラコン・ポップス・AORなんかのジャンルの音楽をサンプリングしているコラージュ音楽だということ、曲と関係ない日本語や映像などが多用されている点などなど。素材やベースはほとんど一緒。しかしFuture FunkはVaporwaveと違いスクリュードさせず、逆にピッチを上げる。だから出来上がる曲は近いようで別物。紙一重というか味付け次第でVaporwaveともFuture funkともなりえる為、一緒くたにされがちの兄弟ジャンルです。
カッティングギターやサックスなどの生音、重低音強めの4つ打ちで踊りやすくした現代版復刻ディスコサウンド、まさしくFutureなFunkです。ネオディスコ、ヴェイパーブギー等と言われることもある模様。

最初に聴いた時は”80年代の曲(杏里とか角松敏生とか)の4つ打ちダンスミックス”みたいな印象でした。真夏のビーチを想わせるグル―ヴィな曲もあれば、きらびやかで落ち着いた都会の夜を想わせるムーディな曲(伝わるかな…)とか。普通にクラブとかで流れていても違和感無さそうなオシャレで一般受けしそうな曲多数。



例えばこんな感じ↓









Future funk系のプロデューサーで有名な2人をちょこっとご紹介。まずはSkyler Spence

2015年現在は動きが鈍いVaporwaveに対して、Future funk界隈には精力的に活動しているプロデューサーもおり、その中でもFuture funkの第一人者と言っても過言ではないのがSAINT PEPSIこと、先日法律上の問題で改名したSkyler Spence。

今でも作品をリリースし続けているFuture funk系のネットレーベル「Keats//Collective」からリリースされた「Hit Vibes」(マジで名作。無料DL可)で注目され、去年インディレーベルCarparkと契約。7インチシングルの「Fiona Coyne / Fall Harder」をリリースしました。今やToro y MoiやBeach Houseともレーベルメイトです!そしてVaporwave~Future funk出身の出世頭。自らの姿を表舞台に表し商業的姿勢に入った人も彼ぐらいなもんじゃないでしょうか。今年はアメリカでツアーも回るらしい。











続いてマクロスMACROSS 82-99

マクロスは一昔前の日本のアニメ(おそらく名前に含まれている82-99位の年代)がお好きなようです。名前の一部でもあるマクロスをはじめ、セーラームーンのキャラクターの名前をそのまま曲名に使ったり、Artzie Music(静止画や80年代っぽい昔の映像をただ延々ループさせるだけのイメージビデオを日々上げ続けるYoutubeのチャンネル)に上がる彼のビデオも、90年代アニメの一部分を使用したものがちらほら(権利的にアウトだよね)。ちなみにこのArtzie MusicにはマクロスのみならずVaporwave、Futur funk界隈のいろんな曲のビデオがあり、2015年現在も毎日のように更新され続けてます。ここもおもしろい。

そこそこ最近のマクロスの動きで気になったのをいくつか挙げると、M.I.Aのレーベル所属のラッパーRyeRyeとウィスパーボイスなKittyというラッパー(Kittyに関しては調べてみたものの詳細不明)をフィーチャーした「セーラーチーム」という曲を発表したり、つい先日発表したDJミックス「alaya radio: 028」にはなんとEspeciaの「雨のパーラー」が使われていたり(!)と日本の音楽やアニメ好きっぷりを見せつけてくれました。しかしEspeciaを見つけてくるマクロスのアンテナ感度やべ~~




















Seapunk


さて、お次はSeapunk。このSeapunkというジャンルはエレクトロニカ、チルウェイブやヒップホップなんかのクロスオーバーで、全体的に軽くて脳内麻薬出てる系のドープなクラブミュージックです。深夜に爆音で聴いたらトランス状態になりそう。個人的にはVaporwaveと近いジャンルという認識で曲聴くといまいちピンと来ないです。
ではなぜVaporwaveと並んで名前を上がるのかと言うと、どのMVにもカクカクした古臭い3Dポリゴンが使われていたり、曲に対して全く脈絡のない映像があてがわれているという点で共通しているからかと。

そしてSeapunk一番の特徴は、その名の通り映像に海やヤシの木、イルカなどの海を連想させるモチーフや映像が多く使われている点、そしてその色使いやビジュアルの奇抜さです。海っぽいという意味ではFuture funkとも遠くはないような気もするけど、音楽としてFuture funkのような爽やかさは無くディスコ・ファンク感も皆無でなんだかチャラいのでやはり別物ですね。



その奇抜で前衛的なビジュアルは、MVやジャケットに留まらず2013年頃のシーンが盛り上がっていた時代にはファッションカルチャーとしても注目されていたみたいです。むしろちょっと調べた感じだと音楽的側面よりファッションカルチャーとして取り上げられている事の方が多いような印象でした。寒色系の髪色、目を引く色柄モノやパンチの効いたアイテムを取り入れた、Seapunkを体現したようなファッションです。Azealia Banksの「Atlantis」のMVがどう考えてもSeapunkを意識してるので、お前の文章力じゃSeapunk感伝わらねえよって方はMV見てみてください。


Seapunkの代表的なアーティストは、Ultrademonというアーティストがそこそこ名が通っているらしく、『Seapunk』という直球なタイトルのアルバムを2013年に出しています。Seapunkについては個人的にあまり惹かれなかったので掘り下げるのはこれくらいにしておきますが、興味あったらまたSoundcloudあたりで漁ってみるとそれっぽいのがいくつかヒットします。関係ないですがSeapunkなファッションが好きな人はgalaxxxyの服とか好きそう。


Yr So Wet 3.0 - Ultrademon + Dj Kiff - "Bubbles" SPLASH008

ATLANTIS - AZEALIA BANKS (**OFFICIAL VIDEO**)




ということで、枝が分かれに分かれた先にあった2つの先細りジャンルに関してのもろもろでした。

大きく捉えると全部一緒にされるんでしょうね。結局のところ同じジャンルでもいろんな傾向の曲があってはっきりしたジャンルの境界線を引くのは難しいので、大きくとらえてこんな感じの傾向がある程度に思ってください。Future funkは音楽として成立している感あってオリジナルであの曲調の曲を作ったら普通に売れそう。(誰かの曲をサンプリングしなかった時点でFuture funkとは言わないんですかね?)


BandcampのFuturfunkタグを探ってアルバム単位で聴いてみるも良し、
Soundcloudでお気に入りのプロデューサーを見つけるも良し、
Youtubeで映像から入るも良し。


って感じでいろいろ入口はあるので、気に入ったのを落として色々聴いてみると楽しいです。個人的にはYoutubeのチャンネル Artzie Music で曲にあてがわれる映像のチョイスが好きです。ついでに使われている曲のプロデューサーのSoundcloud、BandcampやらのURLが必ず貼ってあるので至れり尽くせり。

ちなみに、Bandcampの”Free Download”はもちろん無料。”name your price”も投げ銭方式なので無料で持っていくのも可。VaporwaveにもFuture funkにも言えることですが、この辺のジャンルは無料だったものが予告もなしに突然有料になったり、そもそも落とせなくなったりと不安定なので気に入った作品はその場で落としておくことをお勧めします
Skyler Spenceでちらっと名前を出したネットレーベル「Keats//Collective」も以前は多くの音源がフリーダウンロードできたのすが、最近確認したらほとんどが有料になってました。まあ有料と言っても大した額ではないので、気に入ったのは素直にお金払って落としてあげてください。





2015年7月11日土曜日

ベッド・インの初ワンマンおギグに行ってきた



7月4日土曜日、ギルガメッシュないと直系アイドルユニットのベッド・イン初のワンマンおギグ「ボディコン反逆ナイト ~売切れなかったらバブル崩壊おギグ!~」に行ってまいりました!場所は下北沢シェルター。

バブル期を意識したキャラクターとコンセプトが兼ねてより多方面で話題になっていたベッド・インさん。主にツイッター(ベッド・インで言うところのおツイ)で動向を追っていたのですが、今回やっとちゃんとライブを見ることが出来ました!ちなみにパー券(チケット)は完売。


思えば去年の9月、SLENDERIE RECORDが設立が発表された日に2丁目でやっていたL4Rのイベントで踊り子としてサプライズ出演していたのが初見でした。あの時は歌は歌わずジュリ扇振ってお決まりの自己紹介をしただけでしたが、今回はワンマンです!あの時は藤井さんがディスコの神様を歌ってる後ろでベッド・インがジュリ扇振ってたんですよね…奇跡。本当に嬉しかったなあ…




てことで初ワンマンおギグ、結果から言うと大成功の大盛況でした!

狭いシェルターでのキツマン(キッツキツのワンマンおギグ)となった今回のおギグ。バブルを謳歌していたであろう世代から当時を知らない若い層まで、老若男女幅広い性徒諸クン(ファンの総称)が集まりました。しかし目立つのは女性比率!とても高い!目算で半分は女性だったかと思います。ドルオタやバンドから流れてきた雰囲気の人、バブル当時に思いを馳せているっぽいおっさん、ベッド・インみたいなバブルコスの女性とか…。なんだか良く分からない一団の大多数がジュリ扇振って踊るなんとも不思議な異空間…。

ベッド・インはイベントによってはバンドなしでユニット形式でのライブもありますが、今回はバンド形式のベッド・イン with パートタイムラバーズとしてのライブ。パートタイムラヴァーズは全員セフレであり有能なアッシー、メッシー、ミツグくんらしいです…w

OAにはエレクトリックリボンディスク百合おん。セットリストは割愛しますがエリボンさんはアイドルなのにエロご法度じゃなくて、なんていうかゆるく楽しくやってる感じが好感触だったし百合おんさんのナードコア漫談も結構好きでした。




セットリスト


一部

  1. あなたと、熱帯
  2. 嵐の素顔
  3. 六本木心中
  4. TOKIO MAKIN' LOVE
  5. 消えちゃうパープルバタフライ
  6. ワケあり DANCE たてついて

二部

  7. GHOST SWEEPER
  8. だっこしてチョ
  9. 後ろから前から
  10.もっと動いて
  11.♂×♀×ポーカーゲーム 
  12.鏡の中のアクトレス
  13.プアゾン
  14.あゝ無 情
  15. 『男』

アンコール

  16.翼の折れたエンジェル 


ダブルアンコール

  17.私は嵐 
  18.限界LOVERS




持ち曲が現状4曲のみなので他はすべてカバー曲になるわけですが、選曲のセンスがグンバツでした。
工藤静香、浜田麻里、SHOW-YA、本田美奈子などなど、90年代以前の女性ボーカルの曲です。”強くてかっこいい、それでいてエロいナオン像”にぴったりな選曲。中でもソロコーナーの選曲が最高。かおりさんソロはGS美神のOP曲「GHOST SWEEPER 」を主人公美神さながらの黒いタイトドレスで妖しく熱唱。その次のちゃんまいのソロは一転細川ふみえの「だっこしてチョ」をネコ耳つけて振り付きで、いかにも頭弱そうな感じで歌う…という、ふたりの持ち味とキャラクターにがっちりあった選曲。そのセンスに脱帽。


オリジナル4曲は個人的に1番好きな「ワケあり DANCE たてついて」がバンドセットで聴けた事が嬉しかったです。ベッド・インのライブでやるオリジナル曲、カバー曲共に踊れる歌謡ロックな曲が多いのでジュリ扇が欲しくなりました!周りで振りかざしている人を目の当たりにすると一気に手元が寂しく感じます。


そしてやはりこの日のハイライトと言えばスペシャルゲストの畑中葉子さん
「後ろから前から」をベッド・インが歌ってる途中にサプライズでふたりの後ろから登場した畑中葉子さん。以前からちゃんまいとは親交があったらしく、今回のサプライズに至ったらしい。サプライズと言いつつ続いて「もっと動いて」をご本人が歌っていましたが、どこまで本人達が知らなかったかは微妙なところ。しかしご本人登場から、ステージの3人「後ろから前から…」客「どーーーーぞ!!」のコールアンドレスポンスが自然発生的に出来上がっていて最高でした笑 もの凄い盛り上がりで楽しかったです。
畑中さんはCDや当時の映像と比べて歌声に全く衰えを感じませんでした。艶っぽい高音ボイス。終演後は後ろから前からTシャツをご本人が物販に立って(!!)売っていてこれもまたびっくり。こういう乗りの良さもいい意味で若い。



 あなたと、熱帯 / MINAKO with WILD CATS


だっこしてチョ(M.V.) / 細川ふみえ


ゴーストスウィーパー美神OP




終演後はタレントショップ(物販)も大盛況。今まで出ていたTシャツやCDはもちろんナタリーとコラボしたジュリ扇もこのワンマンおギグから販売開始!私はこの日限定のTシャツの白を予約していたので他は我慢しました…。その後のチェキ会も長蛇の列でそのあと予定があった私は渋々断念して会場を去りました。次ライブに行った時はジュリ扇と写真集が欲しい!チェキも撮りたい!!


ということで今回初めてベッド・インのライブを見たわけですが、蓋を開けたらふたりとも実際のステージングは全くアイドルっぽくなくて(ライブ行く前からアイドル視はしてなかったけど)、むしろ骨太なバンドでした。

ツイッターでどなたかがベッド・インは「アイドルの着ぐるみを被ったバンドだ」「バンドをアイドルと言い張って土俵を増やしていく手法がすごい。」とつぶやいていたのですが、これがとてもしっくり来ていて、MCではいつもどおりバブリーでエロいナオンキャラクター、しかしいざ曲がはじまると一転、そのキャラクターを生かしつつパフォーマンスがロックでかっこいい。男らしささえ感じるくらいです。心根がロックと言うか。普段ネットでトークやMVを中心にチェックしていた人間からしてみるとこれが結構意外で衝撃的です。この意外性がベッド・インが多方面に受けてる理由のひとつじゃないかと思ってます。
元々ふたりは別のバンドをやっている背景があるので、強烈なキャラに隠れがちな技術面が安定感が抜群。ちゃんまいは今回のバンド形式ではセットリストの半分くらいはギターをかき鳴らしながら歌うスタイル(お歌もかおりさんに負けず劣らず)。かおりさんはのびやかで艶めかしい高音とドスの効いた低音どちらも安定感ある女豹ボイスと、個々の持ち味がしっかり出ていてテクニシャン。そしてふたりともパワフル!特にちゃんまいはソロで歌ってた時とは別人格かと思うくらいの激しい動きとギターテクでガンガン客を煽る様はライブでしかお目にかかれない良いギャップでした。


アイドル名乗ってるけどいい意味でアイドルじゃない、よく見るとかっこいいバンドなんだけど少し様子がおかしい地下セクシーアイドルユニットベッド・イン…。この世界観がセルフプロデュースで完全に出来上がってるのもまた凄いところです。そして既に次が欲しくなっています…またライブ行こ。


最後は写真で振り返り~


コレのホワイトMを買いました!普段着にできるかわいさ!

この日限定配布のベッド・インエスカップ!瞬殺でした…まだ飲んでない

この日のMC兼進行役のディスク百合おんさんのマグネット頂きました!
(冷蔵庫に貼って!とのこと)







おまけ

ワンマンから1週間もたたない7/10に新宿のタワレコで行われた淫ストアイベント行ってきました。一緒に写真撮りたさに足を運んだのですが、めちゃめちゃ対応が良い。1人に割く時間が長い!

リハから既にバブルオン!本番前なのにベッド・イン然としていて早くも臨戦態勢です。イベントはじまったら店内に偶然居合わせた人や後ろの方にも小マメに気を配り、特典会はひとりずつしっかりと対応する為割く時間も長め(しかも剥がしなし)で、お題に沿ったくじを引いた上でそのお題で写真撮影(しかも保険の為か何枚か撮ってくれた)+サイン入り生写真(好きな写真選べて少しずつ違うコメント入り)プレゼントという大盤振る舞い…。普通のアイドル現場ではありえない好待遇ですよこれ。
周りを囲むスタッフの方も流れ作業にならず感じがとてもよかったです。あれほど対応がいい現場ははじめてかも。

あの長時間(1時間半以上)ひとりずつ丁寧に対応してるのにも関わらず全く疲れを見せず、ブレずにあのキャラクターで通すふたりの様子はやはり男らしかったですね…透けて見える覚悟とか、バンドで培ったナメられたくない精神とかも含めて。

ハァ、、楽しかった…また行きます!!