2015年12月23日水曜日

2年ぶりにBABYMETALのライブに行ってきた


12/13は久しぶりにBABYMETALのライブ「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 ~THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY~ 」行ってきました。会場は横浜アリーナ。

今回の席は指定席のスタンド下手側真ん中あたり。やや上から見る形の席でした。ベビメタは過去スタンディングでしか見ることがなかったので着席では初。ステージからは近くないものの、アリーナのピットの動きをチラ見しながらライブを見れることもなかなか無いしそういう意味で良い席でした。まさに高みの見物。

ながらく行っていたワールドツアーの最終日、大きいライブ会場でワンマンということで横浜アリーナ2days。初日は行ってません。このブログでは今までベビメタについて書いたことはなかったですが実は薄くファンやってます。


横断幕のようなものは無かったので物販のラインナップを…


私が最後にベビメタを見に行ったのが2013年12月幕張メッセで開催の「LIVE〜LEGEND 1999&1997 APOCALYPSE」なので実に2年ぶりのベビメタです。

2年前というとまだアルバム発売前。今では当たり前のように神バンド(どの楽器も国内の精鋭をそろえたテクニカルなバックバンド)を引き連れてライブをするベビメタですが、その頃はまだ骨バンド(オケを流すアテ振り形式のなんちゃってバンド)でライブをすることも多々ありました。(初期は骨バンドしかおらず、ベビメタの人気と共に神バンドが現れ出演回数も増加。今では骨が絶滅危惧種に…)まだYUIMETALもMOAMETALもさくら学院所属だったこともありさくら学院の派生ユニットとしての残り香がギリギリ残っている時期。

海外ツアーや大規模フェス、メタルの重鎮との共演を数多く経験し、計り知れないほど濃厚な二年間を経験したベビメタの進化を体感できるライブだったのです。楽しみすぎでしょ



ということで色々変化を感じたベビメタですが、こんなセットリストでした。●が新曲。


 1.BABYMETAL DEATH
 2.ギミチョコ
 3.いいね!
 4.あわだまフィーバー

(神バンドソロ)

 5.Catch me if you can
 6.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
 7.ド・キ・ド・キ☆モーニング

(神バンドソロ)

 8.悪夢の輪舞曲
 9.おねだり大作戦

(紙芝居)
10.KARATE ●
11.SKA    ●
12.メギツネ
13.イジメ、ダメ、ゼッタイ
14.ヘドバンギャー!!

(紙芝居)
15.Road of Resistance

アンコール
16.LALALA ●



そもそもベビメタはリリースぺースがゆっくりで持ち曲が少ないのでどんなセットリストを組んでもセットリストに入らない曲はほとんどないですが、今回は新曲を3曲も入れてきたことでSU-METALのソロ曲「紅月」と、YUIMETALとMOAMETAL二人の曲「4の歌」だけセットリスト入りせず。ちょっと残念。初日はこの2曲をやって「悪夢の輪舞曲」と「おねだり大作戦」はやらなかったみたいです。


新曲は3曲。全部仮のタイトルっぽいです。
「LALALA」はピアノと歌い出しの英詞が印象的。ピアノの旋律が美しい壮大な曲。序盤英詞なだけあって海外を意識した真っ直ぐな歌い方を特に意識していた気がします。ライブではピラミッド型のゴンドラ?に三人が乗り会場を一周するというダイナミックな演出に驚きを隠せませんでした…すげぇ…。
「KARATE」は冒頭のYUIMETALとMOAMETALも「セイヤ!ソイヤ!」の掛け声が強烈。初見で笑わない人はいないであろうインパクトです。もちろんテーマは戦い。
「Ska」は「ちがうちがう!やばいやばい!」ってサビで歌ってたと思います。Aメロがスカパンクっぽくてそこの印象が強いです。

既発の曲は乗りが出来上がっていて、盛り上がりどころも合いの手も熟知した熱狂的なファンが多数。ちなみに私は「あわだまフィーバー」も「Road of Resistance」もライブでは初見でした。


BABYMETAL live in Ozzfest Japan 2015 Awadama Fever bubble dreamer-




あと2年ぶりにライブを見て感じた大きな違いをひとつ挙げるとすれば、BABYMETALの世界観がより強く確かなものになっていたということ。

メタルの神様キツネ様からのお告げによる活動”メタルレジスタンス”を遂行する使者=BABYMETALということでステージに立っているわけですが、ファンはもちろんベビメタ自身も”BABYMETAL”としての本気度が増していたように見えました。2年前本気でやっていないとかそういうことではなくて、さくら学院というメインがあって、その部活という位置づけの重音部があった当時と、BABYMETAL1本でやっていくと決めた今とでは気持ちが全然違うのではないかと。

海外武者修行でベビメタのみならず曲も育ちパフォーマンスに一体感が生まれ、熱狂的なファンが増えた分会場に渦巻く熱気が増し、ベビメタと神バンドと支えるスタッフのやる気と気迫と気持ちも増し、それに伴いかけて貰えるお金も増えて…笑 みたいな感じで良い連鎖を生んでいるように私は見えました。ファンの熱量も規模も2年前とは明らかに違う。


BABYMETAL3人の変化も。幾分か売れっ子が板についてきたというか、大きい箱慣れしていた。以前は曲調や世界観を守る事を意識してか、あまりライブ中に笑顔を見せる事はなかったし余裕も今ほどなかったような気がしますが、今回は何かと闘っているような強い表情を見せたかと思えば、曲によって自然な笑顔を見せたりと、表情がよく出てました。特にSU-METALとYUIMETALは柔らかい表情も出るようになっていた。
あとはライブCD聴いてたから分かってはいたんですけどYUIMETALとMOAMETALのスクリームがリップシンクじゃなくなってました。


そういえば曲間にはさまれる紙芝居は既発の曲には一切挟まれていなかったことも2年前と比べれば大きな変化かも。いつからなんでしょう。
ベビメタは基本MCがないので曲振りが無い代わりに曲間で映像を流します。それが通称紙芝居。それもド真面目なモノではなくて、ジョークや笑えるおふざけをふんだんに含んだやつ。過去には有名メタルバンドと一発で分かるようなオマージュやモチーフを入れたり、曲につなげたいだけの無理やりな急展開を見せて会場に笑いに包んでいた一種の名物みたいなものです。
真面目なライブに対してふざけた紙芝居で良い緩急を生んでいたと思うのだけど今回は未発売の曲でしか挟まれませんでした。もう充分浸透した既存曲は曲振り不要ということなんでしょう。前説入れなくてもステージを楽しめるファンが増えて地が固まった自信の表れかも。

ちなみに新曲に挟まれる紙芝居は今までのものと変わらない調子で、有名メタルバンドマンっぽい人々からベビメタとは全く関係ない筋の人まで、よく似た人々が描かれていました。今まで通りの紙芝居芸です。ブレてません。


逆に変わってなかった事と言えば、ベビメタというより見ている側の乗り。あれだけヘドバンを推奨しているのに横ヘドバンすら「ヘドバンギャー」意外ではほとんどやる人がいないってこと。私が最初にライブに行った時も横も縦もヘドバンする人がほとんどいなかったですが、今は変わりに?ひたすらサークルモッシュやウォールオブデスが起こってました。


BABYMETAL - NEW ALBUM and WORLD TOUR 2016 CONFIRMED!!


そして今回のライブでメタルレジスタンス第三章は終結。第四章へ。
海外ツアーとツアー最終公演東京ドーム、そして全曲新曲の2ndアルバムの告知が!
アルバム発売日はすでに決定しているイギリスのウェンブリーアリーナ公演前日の4/1…。

ここまで大きくなるとそろそろ終わりの時が近づいているのでは…なんて話も耳にしますね。
BABYMETALの終わりを想わせる今までにないタイプの新曲「LALALA(仮)」の発表、そして元々期間限定ユニットだった事を考えると、そろそろ解散してもおかしくはない時期に差し掛かってきてますね。メタルレジスタンスの最後はどんな終わり方なのか。いつまで続くのか。楽しみです。最後は見届けたいなあ…


2015年12月11日金曜日

藤井隆 “AUDIO VISUAL”& tofubeats “POSITIVE” W release party! に行ってきた


11/22、tofubeatsと藤井さんのWリリパ行ってきました!場所は恵比寿ガーデンホール。

ガーデンホール自体行ったことがなかったので、どんなところなのか分からないまま当日を迎えたのですが、ひとことでいうとカジュアルさの無い大きめのライブハウスです。ガーデンプレイスの中にあるだけありますね。周辺の空気感に浮かないちょっぴりフォーマルなホールです。今回はオールスタンディング。



合同リリースパーティということでゲストが豪華!

tofubeats”POSITIVE GUEST”

中納良恵(EGO-WRAPPIN’)
新井ひとみ(東京女子流)
玉城ティナ
okadada
藤井隆


藤井隆”AUDIO VISUAL GUEST”

早見優
tofubeats

”AUDIO VISUAL DANCER”

YOSHI2
竹中夏海


DJは小西康陽さんとokadada。



客層は全体的に若い。たぶんおトーフさん効果。しかし中には早見優さんの親衛隊(早見優ハチマキ着用)やひーちゃんこと新井ひとみさん目当てのアスタライト(女子流ファンの総称)なんかも含む不思議な客層。そしてリズムに乗せて体を動かす感じのゆるやかな乗りで割と心地よかったです。デイイベントだから尚更おだやか。時々ガヤる輩っぽいのもいたけどご愛嬌ってことで…。今回は書きたいことが多めなのでさらっと振り返ります。


先行はtofubeats!セットリスト覚えてないので印象強いところをピックアップ。
きっちり定刻に始まったライブは「STAKEHOLDER」からスタート。続いておトーフが歌う「POSITIVE」、「Too Many Girls」。続いてokadadaタイム!曲は「TDM」と「her favorite」。2人の信頼あっての安定感というか気を使わない感じ嫌いじゃないです。
Come On Honey」はたぶん初めて新井ひとみちゃんを迎えて。ひーちゃんが登場と共に客席も赤のペンライトがチラホラ上がり一気に場が華やぎました。声高いなあ…。
さらにゲストパートは続き、「Don't Stop The Music」はスペシャルゲストで森t…と思いきや藤井さん!意外と見れないですよこの光景。11/26はおトーフ25歳の誕生日ということでケーキを持って現れました。後のMCでは吉本興業からのケーキだとも言っていたっけ。


次はお笛タイム。おトーフ曰くこの笛を初めて吹いたのがガーデンホールだったとか。


さて、お次はよっちゃんこと中納良恵さんをゲストに「別の人間」。
ライトながらEGO-WRAPPIN’好きの私としては待ってましたの心境です!!コラボが発表された時も嬉しかったけどこういう形でステージで見ることになるとは。
登場からしばしのMCではレコーディング中におトーフが自分で作った曲なのに「良い歌…」とポロっとこぼしていた事をよっちゃんから突っ込まれてました…笑

曲がはじまると静かな空間にピアノのイントロとよっちゃんの歌声が響きわたるのですが、イントロで即入れてきたよっちゃんのフェイクで明らかに空気が変わりました。それまでの和やかな雰囲気から一転、息をのむような空気感に。聴き入ってしまう圧倒的な歌声。その場にいる全員がその歌声にハッとさせられたんじゃないかなあ…。余談ですが私の位置からだと照明の関係でよっちゃんから後光が差して見えました…。よっちゃんのボーカリストとして類稀なポテンシャルを見た気がします。


次は玉城ティナさんを迎え入れ「素敵なメゾン」。
声援を浴びたいというティナちゃんのリクエストで湧くフロア。そして見た目に反して意外と低音ハスキーボイスな歌声のティナちゃん。お見かけはとにかく可愛らしい…!ギャッパーですね。
最後は新井ひとみ=Dream Hitomi、玉城ティナ=Dream Tina、okadada=Dream okadadaの3人を呼び込んで再び「POSITIVE」。多分半音低め?のティナちゃん仕様。そもそもDream Amiが歌う原曲キーがめちゃめちゃ高いですよねこの曲。
そんなかんじで25歳を迎えるおトーフのステージでした。あれだけのゲストを招きつつこの安定感があるステージできないよなあ…本当に25歳なのかなあ…と思いました。



転換時のDJ小西康陽さん。
しょっぱなKraftwerkの「Music non stop」がかかったかと思えば早見優さんが掛かったりと良い意味で統一感の無いプログレッシブな展開のDJでした。あとよく見えなかったけどたぶんレコードでプレイしてました。よくよく考えてみると贅沢な時間ですな…



藤井さんのステージ直前、暗転後にスクリーンで渡辺直美さんの「コーヒーサンバ!」がフルで流れました。大阪京都でも流れたという話は聞いていたので私はあまり動揺はしなかったのですが、暗転して何の前触れもなく流れはじめたものだから何も知らないフロアの人々は「直美出てくるんじゃない?!」みたいな空気に。あのタイミングで流したらそうなるよな~ 笑
私自身コーヒーサンバが流れる事自体はあまり動揺しなかったものの、この映像の衝撃は隠しきれませんでした…何だったんだコレ…。荻野目洋子さんの「コーヒールンバ」をサンバ調にしてシンセなんかも挟み込んだ今風の仕上がり。
どうやら全日本コーヒー協会が制定した「国際コーヒーの日(10/1)」のPR映像のようです。(死ぬほどどうでもいい情報ですが私の誕生日も10/1です)

渡辺直美 初ソロPVデビュー!!『コーヒーサンバ』



さて、後攻藤井さん。まずはセットリストです。
新宿ロフトの「ザ・ベスト・オブ 藤井隆 AUDIO VISUAL」発売記念イベントでは収録されていない曲多めの選曲でしたが、今回は収録曲中心のリリースパーティという看板にふさわしい選曲。個人的にはT&Tが生で見れたりして…という淡い期待を持っていたものの、どうやら島田珠代さんが同じ時間に別仕事があって不可能なんて話を小耳にはさんだので、「トーフとタカシで新生T&Tです!!」なんていう展開もちょっと期待しましたがさすがにそれは無かったですね…


  1. ナンダカンダ
  2. 絶望グッドバイ
  3. 赤と黒
  4. ある夜 僕は逃げ出したんだ
  5. RAIN RAIN RAIN...
  6. 1/2の孤独
  7. She is my new town (タヒチアンミックス)
  8. ディスコの神様

------------ 早見優 -------------


  9.  わたしの青い空
 10. OH MY JULIET!
 11. 未確認飛行体


 12. YOU OWE ME

 13. Quiet Dance



最初から「ナンダカンダ」そして「絶望グッドバイ」!
イントロからしっかり踊る姿はもしかしたら藤井さんのイベントに行きはじめて初めてかもしれません。MVで踊ってたあのダンスが目の前で!!!!ていう心境でした。yoshi2先生と竹中先生二人のダンサーが華を添えます。この二曲に関してはダンスも象徴的なのでしっかり踊ると見え方が全然違う!特に「絶望グッドバイ」は歌手活動再開後ここまでしっかり踊っていなかったので新鮮に見ることが出来ました。そして踊りつつ安定感ある歌唱。しかし2曲目にして遠目でも果汁の量が凄まじかったなあ…。


次は「赤と黒」。とにかく好きなんですこの曲…しかし何故かイントロで涙が…こらえました。
個人的にはいつだったかの代官山UNITで不意打ちのごとく選曲されて大感激して以来です!AUDIO VISUALに入ったのでまたライブで見ることができるかもと内心ワクワクしておりました…。この曲はダンサブルな展開は見せないので、ダンサーお二人はこの日の物販で売っていた赤と黒タオルを持って(たぶん)即興ダンス。曲に浸り過ぎて記憶があいまいです。。

アッパー過ぎずスロウテンポ過ぎない心地よいテンポ、BPM116。聞いたところによるとBPM116くらいのテンポは人間の緊張感を解いて脳が心地良いと感じるらしいです(裏取ってないけど)。アルバム「Coffee Bar Cowboy」が発売された時にナタリーに掲載されていた藤井さんと郷太さんの対談でも郷太さんが「BPM117は絶妙なテンポ」と言っていたような。
まあつまり何が言いたいかというと、アッパーでもロウでもない絶妙なミドルテンポ、藤井さんの優しい歌声が乗って最高に心地よかったという事です。フロアもゆるやかな横揺れと幸福感溢れる雰囲気に包まれていた気がします…!赤と黒のタオルがある事で「お物販ソング」とも言われていたので次があると思いたいです。2色そろえていつでも対応できるようにしたいですね…!


間にMCを挟んで「 She is my new town (タヒチアンミックス)」。
この日限定の特別なミックス。もちろんおトーフミックスです。藤井さんから曲の発注が来た時にタヒチアンミュージックのサンプルがいくつか送られてきてそうですが、その後タヒチアンミュージックやダンスの動画を2時間見て勉強したらしいです 笑

何故タヒチアンなのか。それはこの日のダンサーの1人、yoshi2先生がタヒチアンダンス世界第2位、日本1位のという輝かしい経歴の持ち主だからです!MCでは明言してませんでしたがyoshi2先生ありきのタヒチアンかと。このタヒチアンミックスがまたかっこいい。1度聴いただけなので音の細かい部分を説明するのは難しいですが、1つ上げるとすれば、結構長めの間奏部分が別の曲のごとくゴロっろテンポも変わり完全にタヒチアン。超プログレッシブな展開に胸が熱くなりました。yoshi2先生の見せ場です!腹筋の割れっぷりとなんといってもこの腰使い。ちょっと移動するにも腰グワングワン動かしながら踊る。情熱的で独特な動きなので参考までに映像を探したらちょうどyoshi2先生のクラス動画があったので見てみください。一応「She is my new town」ですが間奏は原曲無視でまさにこんな感じでした。
後々ネットで公開するかもみたいなことをさらっと言っていたのでまた聴きたいです!ていうか購入するので配信してください。

yoshi2 tahiti dance Class~TAHITI DANCE


次はtofubeatsとタヒチアンな衣装のダンサー二人を呼び込んで「ディスコの神様」!
竹中先生は今回初バックダンサーであり初タヒチアンだったとか(そもそも竹中先生は振り付け師だけどタヒチアン関係ない)。おトーフの再登場でちょっとフロアに人が増えた気も。この曲だけものすごく反応してる人も散見されました。日本におけるディスコブーム再来の象徴とも言える曲なだけに根強い人気を感じた次第です。


で、ですね。ここでついに降臨するんですよ。早見優さん!
今回の選曲は藤井さんの選曲。藤井さんが聴きたい曲を選んだからみんなが聴きたいであろう「夏色のナンシー」は入ってない!とのこと。早見さんが歌ってい間は自身も楽しみつつダンサー兼盛り上げ役もこなす全身全霊スタイル。藤井さんはいつにも増して楽しそうだったなあ…。以前も藤井さんが歌う姿を何度か見たことがある「GET UP」をはじめ「誘惑光線・クラッ!」「ハートは戻らない」「PASSION」、フロアも一緒に盛り上がれる4曲を華麗に披露しておりました。MCでは早見さんの「DJやりたい」宣言でおトーフがその場でDJレクチャーをする一幕も。ベスト買おうかなあ…。

早見さんが終わってからは再び藤井さんのショウタイム!
これまたしっかり踊りながら歌っていた「わたしの青い空」、「OH MY JULIET!」。藤井さんの曲の中でもダンスの印象が強い二曲。本編最後はもはや定番化している「未確認飛行体」。節目のライブではライブの終盤に必ず入れていたこともあり、サビの振り付けはフリコピしてる人もしばしば。もちろん私も!ダンサーのお二人に加え、最後はおトーフとokadadaも呼び込み4人で藤井さんのステージに花を添えました。


そして鳴り止まない拍手の中アンコールで「YOU OWE ME (Radio edit)」。
この曲に関しては振り付けは無かったはずなので、今回ダンスは初披露。サビまではyoshi2先生、藤井さん、竹中先生の順で同じポーズをとっていくというものなのですが、元々の振り付けだったものなのか…それともほぼ即興でやっていたものなのか…判断の難しいところです。今回はこの曲に限らずダンサーお二人は即興なのか決まった振り付けなのか分からない曲が多々ありました…笑 しかしプロなので即興だとしても形になっていて違和感はなし。


最後の最後は一旦ハケてダブルアンコール!最後は全員集合で「Quiet Dance」。この曲も「未確認飛行体」に次ぐライブ終盤の新定番ですね。余韻を残しつつキレイに終わるというか。藤井さんらしい品のある終わり方だなあと思いました。

ここ数年の藤井さんのリリースパーティのなかでは最大規模でしたね!
今回のリリパでミュージシャンとしての知名度も評価もジワジワ広がりを見せている事を実感しました。




そうそう、おまけと言ってはアレですが、

どの曲のどのタイミングで投げたのか思い出せないのですが、たぶん「YOU OWE ME」の曲中?に竹中先生が投げていたコップをキャッチしました!


そしたらなんとおトーフのサイン!!
おぼんにコップ乗せて現れた時点で投げるのかな~~とは思っていましたがこんなことになっていたとは…。おトーフも竹中先生もありがとうございます。ちなみに私の隣の方もキャッチしていたので見せていただいたのですが、その方もおトーフのサインでした。結構たくさん投げていたので他の出演者のサイン入りもあったのかも?



最後に少しお物販の話を。

Coffee Bar Cowboyツアーグッズが少なかったわけではないものの、今回のツアーグッズが本当に種類豊富でよりどりみどりでした。詳しくはmichelleさんのモウシワケ・ブログをさかのぼると詳しく載ってます。Tシャツ、タオルはもちろんパーカー、キーホルダー、トートバッグとか…。特に衣類の多さが外タレ並です。ツアー最初の地北海道からまだ増える、まだ増えるって感じで徐々に増えていった結果こんな量に。藤井さんは普段着やすいデザインと絶妙な色味を使用したグッズが多いので、私服のほとんどがアーティストの物販で成り立っている私としては嬉しい限りです!

ちなみに私は赤と黒タオルとキーチェーンと缶バッヂ!小物で攻めました






さて、次のスケジュールはしばらく未定か・・・・と思いきやなんと今週末にアフターパーティと題したイベントが急遽発表されたのでそれも行ってこようと思います!今年最後の見納めイベントです!

結局全然さらっと振り返れませんでしたが…以上です!