2016年10月24日月曜日

ESPECIA 「Hotel Estrella -六本木飯店- 」に行ってきた


10/16、毎度おなじみ朝ペシア行ってきました。今回の会場は六本木Varit。
東京進出後のESPECIAはこの六本木Varitでのライブが多々あるので、今後はホームとして大阪時代のビレボアのような扱いになっていくようです。今回若干時刻して到着したので冒頭少し見逃しました…。

今回も前回と同じくテーマは中華。中華粥、卵スープ、空芯菜とキノコの炒めもの、ゴマ団子、もやしのナムルなどなど…また前回とは違うメニューでした。人数に対して有り余るほどの量を振る舞っていただけるのはありがたいですが、何度も言うけど大丈夫なの?っていう。美味しくいただきました。
あと今回の物販!謎のブートCD3種類?をオフィシャルで発売。中国産アンオフィシャル感がもの凄い。もともと少量しか売ってなかったようで開演前にすでに売り切れていたそう。中身は「YA・ME・TE!」「ナイトライダー」「くるかな」…だったかな。ちなみに現物はCDRだったとか笑 どこまでもブート感。





セットリスト

  1. Helix
  2. 嘘つきなアネラ
  3. センシュアルゲーム
  4. シークレット・ジャイブ
  5. 海辺のサティ

MC

  6. 雨のパーラー(アカペラでワンコーラス) 
  7. Fader
  8. Sweet Tactics
  9. Mistake
10. FOOLISH(12" Extended Ver)
11. Savior


アンコール

12. Aviator (Alternate Version)
13. Sunshower




衣装は前回の朝ペシアと同じかと。悠香ちゃんの髪が外ハネでかわいかった。

朝ペシアはセットリストの組み方も毎回変えてきますが、今回は「Helix」からスタート。3人ともスタンドマイクを使って歌唱です。続いて「嘘つきなアネラ」では、いつも通りに見えていた悠香ちゃんが歌唱中に突然泣き出し、しばし(サビの10秒くらい)歌えなくなるほど涙を流すという衝撃の一幕が…。今回はいつもより声が出ていないような感じもしましたが、それが原因なのか。何か他に思うところがあったのか…。原因はどうあれ、悠香ちゃんの心の奥底で涙をこらえきれない程揺さぶられる何かがあったと思うと、ぺシストとして穏やかではいられません。思わず目を逸らしてしまいました。見てはいけないような気がして。
特に今のESPECIA3人になってからメンバー個人の情報、内情、感情に訴えかけるような要素を一切見せないで来た背景を考えると、ステージ上での涙には大きな意味があるような気がしてしまいます。人一倍ストイックな悠香ちゃんなので、単純に声が出ないことからあふれた涙だと思いたいです。真意は謎。

続いては初披露の「センシュアルゲーム」!この曲も元々なかったコーラスが追加され今のESPECIA仕様に。しかし悠香ちゃん涙の直後で、本人はさほど引きずっているようには見えないもののこちら側の動揺がおさまらず…。「シークレット・ジャイブ」の手拍子を煽るくだりを経てようやくいつもの朝ペシアの調子に戻ったような。私だけかな。
海辺のサティ」は現体制では珍しい2016ver.ではなく原曲のオケを使用。数多あるリミックスでもなく原曲でした。振付けは肩を揺らすような動きをする現体制Ver。



ここで朝ペシアでは初のMC!とっても短かかったけど!涙の理由は語られず。そりゃそうですね。
日本人の二人が主に喋って進行しているところ、Miaちゃんは英語ではない謎の言語(ポルトガル語?)で二人に何か言ってたけどなんとなくふわっとスルーされてニコニコしてました。かわいい。新しいタイプの落ち担当なの?



悠香ちゃんが前を向き、コーラス二人が向かい合う三角形のフォーメーションを作り、アカペラで披露されたのは「雨のパーラー」。ワンコーラスではあるもののまた新たな試みを目撃できたのは嬉しい。誤魔化しが利かないアカペラでの歌唱でも3人とも声が乗っていて、コーラスのハモりも際立って心地よかった。メインの悠香ちゃんも序盤から考えると安定して声が出ていて、むしろ歌の上手さが際立っていたような気が。
そして次は今回の目玉。Miaちゃんの歌からはじまる「Fader」!もなりちゃんが歌っていたパートをそのままMiaちゃんが引き継ぐ形です。ラップは絵莉加ちゃんで継続!フロアの湧きもこの日1番だった気がします。私も思わず少し前に出てしまいました。今までも5人時代の曲を披露することはあったものの、コーラスになった絵莉加ちゃんがメインで、しかも以前と同じパートを歌うことははじめてじゃないかと。ステージ前方に出てフロアを煽る絵莉加ちゃん。あの時のEspeciaが帰ってきたような感覚にも少しなりました。なにより本人が楽しそうで微笑ましかった。Miaちゃんの歌ももなりちゃんと比べると少しパワーは落ちるものの、今までのESPECIAにはいなかったタイプの高音が通る魅力的な声。そんなMiaちゃんのソロパートが、しかも復活はほぼ望み薄だと勝手に思っていた「Fader」で聴くことになるとは。鮮烈なデビュー戦と言っても過言ではないかもしれない。また早く、もう一度聴きたい。

次もMiaちゃんがリードを取るパートが少~しだけある「Sweet Tactics」。それから「Mistake」「FOOLISH(12" Extended Ver)」、最後は「Savior」で本編終了。締めが「Savior」とは珍しい。朝ペシアらしい新たな試みかも。

アンコールは「Aviator (Alternate Version)」のイントロと共に再び3人が姿を現し、最後は手拍子と共にはじまる「Sunshower」で平和に終了。




今回の「雨のパーラー(アカペラ)」と「Fader」の流れはどちらも新たな試みでしたが、やはり「Fader」というMiaちゃんメインの曲が新たなレパートリーとして加わった事がとても大きな一歩なのではないかと。今まではライブの本数も露出も少ない、SNSでの発信もない、とにかく情報が無くて今後どうなっていくのか分からない、という行き先不透明感が本人たちはともかくぺシストの間では漂っていたように思うんですが、今回の発展的で内容のライブを見せつけられ、少なくとも私には”ESPECIAはまだまだこれからだ”と、感じさせてくれました。まあ発信がないとか露出が少ないとかは変わってないんですけど。なんだろう、先が開けたような気がしたというか。これからまだ面白いもの見せてくれるんじゃないかと。悠香ちゃんの涙は気になるけど…。


ということで現体制3回目の朝ペシアでした。実は普通のデイイベントでバンド体制ESPECIAをまだ見てないのでちゃんと比較はできないのですが、朝ペシアはバンドの縛りがない分何事も自由度が高いことが面白いです。バンド体制もまた違う良さがあるとは思いますが。

今回はスタート直後くらいに入ったのと食べるのとでゆとりなく動いていたので結局また写真撮ってません。来月はもう少し余裕を持った行動をせねば…。ということで来月の朝ペシアは11/27、同じく六本木Varitで開催予定。サブタイトルは”みなと亭”。今度は和食かな?





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。