2016年9月15日木曜日

ESPECIA 「Hotel Estrella -円山閣大飯店-」に行ってきた


9/12、 「Hotel Estrella -円山閣大飯店-」に行ってきました。新生ESPECIAになって2度目の朝ペシア。9時半開演で会場は渋谷O-nest。

つい2週間ほど前開催された朝ペシア、短いスパンで再び開催です。今回はサブタイトル通り、今までとは少し趣向を変えて中華風の朝食が振る舞われました。写真撮るの忘れたのでナタリーの記事を見てください。中華粥みたいな軽めの朝食が出てくるかと思ったらチャーハン、シュウマイ、春雨炒めに水餃子…とガッツリ重めのメニューでした 笑 回を追うごとに品数も量も増えてますけど色々と大丈夫なんでしょうか。行く側としては嬉しいけど。物販には中華風デザインのレンゲと器のセット、イベントロゴが入ったTシャツが追加に。







セットリスト


  1.BEHIND YOU
  2.Sunshower ★
  3.Savior
  4.雨のパーラー ★
  5.Nothing
  6.Aviator (Alternate Version)
  7.Helix
  8.海辺のサティ 2016
  9.Sweet Tactics
10.Mistake
11.FOOLISH(12 Extended Ver)
12.Boogie Aroma 2016


アンコール

13.シークレット・ジャイブ
14.嘘つきなアネラ



衣装は前回と変わらず白いトップスに黒いボトムス、靴は黒いレースアップシューズで統一。ゴールドとターコイズのアクセサリーを差し色にしたシックな装い。アイテムは一人ずつ別ものを着用。


この日は「BIHIND YOU」からスタート。新体制初披露(★)となったのが「Sunshower」と「雨のパーラー」。5人時代の曲はボーカル重視でコーラスが生きる曲を選曲していると思われた新生ESPECIAでしたが、この段階で比較的ダンサブルな「Sunshower」のような曲が早くも披露されました。意外な選曲。個人的には5人が卒業するタイミングでのリリースだったアルバム『CARTA』の曲は卒業のイメージも未だ色濃く脳裏に焼き付いていまして、新生ESPECIAver.には少々戸惑いもありますが、その記憶を塗り替えるくらい良いものにして欲しいです。
続いて「Savior」からの流れで切なげな表情をうかべながら初披露となったのは「雨のパーラー」。5人時代にはなかったコーラスが新たに追加となり、曲後半のフェイクは悠香ちゃんメインでコーラスも絡めた流れが心地よかったです。スロウバラードは新生ESPECIAの方向性とも合っていると思います。

Nothig」はスタンドマイクはなし。前回のライブではセットリストになかった「Aviator (Alternate Version)」ではイスが用意され座っての歌唱に。初めての試みです。そしてイスを座っての歌唱は次に披露される「Helix」でも続行!元々最新EP『Mirage』の曲は動きや表情を極力排除したパフォーマンスをしていたESPECIAですが、今回座ったままの歌唱でさらに動きを封じてきました。視線を動かす以外は終始うつむき加減で非常にクールな佇まい。あと前回気付けなかったのですが、長い間奏後の英語のセリフのようなパートはオケに被せるようにMiaちゃんがしゃべってました。マイクを片手で覆い、その中で唱えるようにオケと同じセリフと囁く。

Sweet Tactics」は前回と変わらずですが、AメロBメロ最後にあるMiaちゃんのソロパートが見どころ。純粋にMiaちゃんの声のみが聴けるパートは貴重です。悠香ちゃんがクールなサラッとした歌声なら、Miaちゃんはしっとりした可愛らしい歌声です。声は三者三様。本編ラストは絵莉加ちゃんの「ラストスパート盛り上がっていきましょう!」というMCから「FOOLISH(12 Extended Ver)」、「Boogie Aroma 2016」の2曲を披露し終了。今回「Boogie Aroma 2016」ではフロアへ積極的に手拍子を煽る事はしませんでした。


アンコールは「シークレット・ジャイブ」と「嘘つきなアネラ」。最後は3人深々とお辞儀をして「ありがとうございました」と一礼し、またしても曲のオケが終わる前にステージを去っていきました。MCという程ではないまでもMiaちゃんから日本語を喋りましたよ!





2回目の朝ペシアはイスを使っての歌唱や前回とのセットリストの組み方の違いを見るに、何事も模索中だということが見て取れるライブでした。その場限りの振付けや演出もあるかもしれません。その都度ブラッシュアップされていくパフォーマンスを見守りつつ良い音楽に身をゆだねるという楽しみ方は5人時代と変わらないのかも。

今回は3人の姿がよく見える好位置だったので個人の動きも見てましたが、動きで目が行くのはやはり絵莉加ちゃんでした。以前から持ち前のスタイルの良さ、腰の入ったグルーブを感じるダンスがステージでも映えていましたが、ダンスらしいダンスがほぼなくなった今は最年少で天真爛漫なキャラクターだった頃をはるか昔に思わせるほどグッと大人の女性らしいステージングで魅せてくれます。妖艶にリズムを刻む絵莉加ちゃんは1年前ではとても想像できなかった。一挙手一投足が目を引きます。


次回の朝ペシアは少し空いて10月半ば。過去曲の新生ESPECIA ver.は新たに加わるのでしょうか。






0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。