2016年5月7日土曜日

Windows95manの来日公演に行ってきた


ゴールデンウィークの真っただ中の5/4の深夜に行われたWindows95manの来日公演に行ってきました。場所はCIRCUS TOKYO。

今回の主役はこのWindows95manとかいう謎のフィンランド人の来日公演であり、藤井隆さんも所属するHi-NRG DJ TEAM DC BRAND'Sのデビューライブでもあるこのイベント。ここまで何が行われるか全く予想がつかないイベントもなかなかない。下の告知画像には載ってないですがワイパことDJ WILD PARTYがクロージングDJでした。




このCIRCUS TOKYOという箱は入ってすぐバーカウンターやテーブルが置いてあるラウンジがあるんですが、入って早々Windous95manがこの格好のままあたりまえのように談笑していた。どうしても目線が行く。あとこの人、間近でみると背が高いしやたら足が長い。白人らしい体系。ついでにこのアー写より少しお太りになられたご様子。危なっかしいパンツ丈はアー写のまま。物販で2,000円する謎の本売ってました。

どんな客層なのか興味津々だったんですが、Windows95manのお友達なのか外人が結構いました。後は私のような藤井さん界隈が目当ての人。男女比も半々。客入りはそこそこ埋まってて踊るのにちょうどいいスペース確保できるくらい。


スケジュールはこんな感じでした。

23:00 Chucky
 0:30 DC BRAND'S
 2:00 windows95man
 3:30 DJ WILD PARTY



私がフロアに入ったのが0時ごろ。あまりフロアには人数おらず。しばらくすると徐々に人数も増え、DC BRAND'Sの頃にはゆるく後ろまで人が入ってました!記念すべきDC BRAND'Sデビューライブです!

もちろん4人はバブルの匂いがプンプンするDCブランドの服を身にまとってのDJプレイ。最初はDJ SAIRORS(掟ポルシェ)とDJ LUNA MATTINO(アキオ クマガイ)が登場。アッキーさんは淡々とDJをこなし、掟さんはフロアに乱入して何かと騒ぎを起こしにいくスタイル。
そして後半に交代する形で現れたのがDJ LUNA MATTINO(michelle Sorry)とDJKarl Helmut(藤井隆)。michelleさんはアッキーさんのポジション、藤井さんは掟さんポジションを引き継いでいると思われますが、盛り上げつつDJもして時々歌って…と、藤井さんらしくあの手この手でフロアを盛り上げていました。藤井さんが歌うと思わなかったので思いがけず歌声を聴けて嬉しかったです。

掟さんをDJで見るのは多分はじめてでしたが、すごいですねあのパワー。いろいろやってましたがフロアに乱入して無差別に選んだ人を弄りまくり、ステージ上でもなにかと気になる動きをし続けるるので目が離せませんでした。それも結構長時間。今回に関してはほとんど回してなかったんじゃないかと…笑 4人もいると目が追い付かないですね。さすがHi-NRG DJ TEAM…!初回から楽しませてもらいました!




次はメインのWindows95man
何が始まるのかよく分からないながらまあ楽しみにしていたメインディッシュ。一言で言うとエンターテインメントDJ。淡々と曲をかけるというよりも起伏はありつつもアゲてくスタイル。

全身白の衣装に身を包んだ外人達、通称”White Crew”がステージに上がって好き勝手に踊り、Windows95man自身も淡々と曲を掛けつつ時々本能のままに踊ってみたり、とにかく自由に楽しいDJでした。あの服装で踊る姿は非常にコミカル。ちなみにWhite Crewは常にステージに居るわけではなくて時々降りてフロアで酒飲んでゆったりしてたりしてたかと思えば特に盛り上がりどころでもなんでもないタイミングでステージに上がって踊りはじめたりとか…w 特に決まった振りがあるわけでもなくとにかく賑やかす白い人たちっという感じ。自由にやるといっても掟さんみたいにフロアに乱入して客弄りみたいなことはなかったです。そういうフロア荒らし的なことはしてないのに遊びに来てた外人何人かがフロアの後方でモッシュ起こしてエキサイトしてる姿も面白かったです。当たりが強そうだったので参加はしませんでしたが…。

あと、特筆すべきはひたすら腰をグラインドさせる95manが延々と映し出されるVJとか…。時期的にPrinceの曲も何曲かかけていたのだけど、最後の最後に「Purple rain」をかけて後ろで準備してるワイパを気にも留めずひたすら熱唱しながらリズムに合わせて腰を振ったりとか…。やたらと腰を振りたがる。サックスが耳に残るこの曲をかけて踊ってる姿は不覚にもチャーミングだな~と思ってしまいました…。







最後のワイパことDJ WILDPARTYは打って変わって邦楽、主に90年代J-POPをはじめアーバンなディスコポップをプレイしてました。中には藤井さんの曲も!アゲるダンスミュージックが多かった95manの後の邦楽ポップスの安心感。久しぶりのワイパでした。



95manとその仲間達は今回は2週間くらい日本全国ライブして回ったりしてる様子がインスタやらなんやらで見てとれたので結構長めの滞在だったようです。短いスパンで定期的に日本に来てはライブしてるみたいですね。ビジュアルインパクトの強さだけでも相当強烈なのでただ真面目にDJやってるだけでもおもしろかったです。あのルックスはズルい

今回の来日公演でWindows95manとは何者なのかちょっとでも垣間見えるかな~と思ってましたが結局ライブに行ったところで謎は深まるばかりでした。少し分かったことといえば、彼はUKKELIという名前でイラストレーターをしており、多分本業はそっちらしいということくらい。物販で売っていた謎の本の正体はコレでした。この本を買うと95man本人がその場で似顔絵を描いてくれる特典があったみたいです。ちょっと描いてほしかった。イラストレーター時代から奇抜だし今につながる予兆がありますね。

まあそんな感じのなにかと笑いながら踊れて楽しいイベントでした。また日本に来たときは似顔絵描いてもらおうかな?









0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。