2015年5月22日金曜日

Especia CLUB QUATTRO Tour “Brisa de Primavera”に行ってきた


Especiaのクアトロツアーに行ってきました!場所は渋谷のクラブクアトロです。
このツアーから新衣装のEspeciaさん。リーダーはハート、もなりちゃんは星、絵莉加さんは三角、三瀬さんは丸、ちかぶはクロスのモチーフが入った衣装だそうです。個人的に三瀬さんのビジュアルが凄くかわいくて好きです。


  1. We are Especia ~泣きながらダンシング~
  2. West Philly
  3. Sweet Tactics
  4. シークレット・ジャイヴ
  5. Security Lucy (Insecure Booty Mix)
  6. さよならクルージン
  7. アビス
  8. X.O
  9. 雨のパーラー
  10. アヴァンチュールは銀色に
  11. YA・ME・TE!(Drum)
  12. ナイトライダー
  13. FOOLISH (12″ Extended Ver)
  14. ミッドナイトConfusion
  15. ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)
 アンコール
 
 16. 海辺のサティ(Va Bien edit)
  17. きらめきシーサイド (12″ Extended Ver)
  18. No1 Sweeper(nueva cocina)
  19. Boogie Aroma
 20. Aviator

 ダブルアンコール

 21. We are Especia ~泣きながらダンシング~



今回は特にレコ発ツアーと言うわけではなかったのでどういう感じのセットリストになるかと思っていたら、最初の1ブロックはアルバム「Primera」をほぼ曲順通りに。「Security Lucy」はInsecure Booty Mixに切り替わってました。そしてサビの冒頭「Don't chasing my heart」の部分を客席にマイクを向けて歌わせるという一軒さんには難しいフリをしてきました笑 今後定着していくんでしょうか。
10曲近く通して歌って踊るEspecia…あたりまえのように見てますが、数年前はももクロや女子流が6曲連続でパフォーマンスした事が話題になっていましたね。体力勝負のももクロ以上の曲数を踊りつつ被せなしの生歌をやり通すEspeciaにはやはり恐れ入ります。

続いて自己紹介も早々に2ブロック目は「アビス」から。この頃ライブ行くとよくやってくれます。アビス運良い私です。続いて「X.O」と「雨のパーラー」というしっとりスロウtテンポな曲のコンボ。時々こういうゆったりとした曲もセットリストに入れてくるのでどのライブも見たくなるんでよな…。その後は「アバンチュールは銀色に」、「YA・ME・TE!」と鉄板曲でフロアの熱は右肩上がりです。この頃からフロアから決壊したように人波が動いてました。ちなみにリーダーのブログによると2ブロック目のアバ銀の前に「不機嫌ランデヴー」が入っていたのがなくなったそうです。Especiaは清水さんの判断で曲が変わる事がよくあるみたいなので、そういう事でなのでしょうか。理由は触れられてないですが時間押してたので帳尻合わせたのかもしれません。


Especia - アビス Abyss (with Japanese/English Lyrics)

Especia - X・O (with Japanese/English Lyrics)



2度目のMCの質問コーナー後は「ナイトライダー」から。
ここからはもう盛り上がるだけです。先日限定販売されたLP「Primavera」収録の「FOOLISH (12″ Extended Ver)」、最後は「ミッドナイトConfusion」と「ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)」バージョン違いを立て続けに。これくらい終盤になって気付いたのが絵莉加さんが腰を気にしながら踊っていたということ。この頃また調子が良くなさそうだった腰が爆発していた模様…。

伸び盛りの絵莉加ちゃんの腰や喉の不調は心配ですね、、、。前半1ブロックで歌もダンスも気合が入っていたのかだいぶ飛ばしてる印象だったのですが、後半はやはり持たず歌の途中で明らかに喉を壊した(というか裏返ってしばらく調子が戻らない)瞬間を見てしまったので余計に心配です。一時的なものだと良いのですが…どちらも酷使した結果でしょうか。負担を掛けず一定のペースを保ったパフォーマンスができるとより安定してくるのではないかと。。その点ちかぶのダンスは程よく力が抜けて押さえるところは押さえる小慣れた動きをしているので安心して見れるというか。グルーブ感重視のダンスでEspeciaらしい。
三瀬さんも固さ抜け切らない動きをするなーと感じる事が結構あるので体のどこかにガタが来ないといいのですが…。

MC中

そしてアンコールでは新曲の「Aviator/Boogie Aroma」の発売決定の告知。そしてHi-Fi CITY(サックス、ツインギターの3人)を迎えて数曲披露。「Boogie Aroma」はEspeciaの曲の中ではBPM早めでその名の通りブギーで爽やかな夏っぽい印象の曲。「Aviator」はファンキーなフュージョンポップス。どちらも振り付けと移動が忙しそうでした。特に「Boogie Aroma」は早い分良く動いてる印象。Especiaの曲は生バンドと相性が良いですが、中でも盛り上がりつつバンドの見せ場がある「海辺のサティ(Va Bien edit)」と「きらめきシーサイド (12″ Extended Ver)」の2曲を。

最後の最後は「Especia」「Hi-Fi City」のロゴが入ったギターピックを客席に向かって投げてました。私は全然掠りもしなかったです(゜゜) ちなみにリーダーはピックのことをチップと言ってました 笑 

Especia - 海辺のサティ (va Bien Edit)


次のシングルはどちらも曲調こそ違えどどちらも割とアップテンポな仕上がりになっていたのでライブ映えしそうです。「Primera」の時にもあったのですが、散々ライブで見て聴いて、いざCDで聴いてみたらライブ方が断然良い仕上がりになっていた曲があったので、今回はCDもライブと同じ位の良さが出ていることを期待しています。

メジャーに行ってからの1stシングル…まだ日程は全く解禁されてないですが、「Primera」の時みたいなリリイベ地獄が待っているのかもしれませんが、体を壊さない程度にしてほしいものです…。そしてEspeciaの楽曲が1番似合う季節である夏を最高のコンディションで迎えてほしいです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。