2015年1月30日金曜日

Especiaの新譜「Primera」の話


さて、今回は去年末O-EASTで行われたフルバンドワンマンで発表された、
Especiaのメジャーデビューとミニアルバムリリース、そして新曲について書いてきたいと思います。

まず新譜の収録曲を↓


1.We are Especia ~泣きながらダンシング~
2.Interlude
3.West Philly
4.Sweet Tactics
5.シークレット・ジャイヴ
6.Skit
7.さよならクルージン
8.Security Lucy
9.Outro


もうタイトルから既にブラックな匂い。期待せざるを得ない!
そして全曲ではないものの少しずつ解禁中。まずはMVから。

まずは若旦那氏プロデュースで、年末のフルバンドワンマンで発表された新曲です。
フルは今のところGyao!のみで公開中です。→Gyao! Especia 「We are Especia~泣きながらダンシング~」


Especia - We are Especia ~泣きながらダンシング~(ショート ver.)

「等身大の歌詞」「内情吐露」等、Especiaの活動では見せる事がなかった「聴き手の感情に訴えかけるドラマティックな部分」をいきなり全開にしたこの曲を、メジャーの1発目に持ってきたことで良くも悪くも大反響なこの曲。
初披露の直後は私を含め難色を示していた人も結構いたように思いますが、S&L氏編曲なこともあり、今は慣れて曲を純粋に楽しめるようになった人も多いのではないのでしょうか?曲後半のゴッソとコールとケチャで初見でも盛り上がれる、ももクロの怪盗少女のような自己紹介ソング的位置づけの曲になりそうです。この曲がEspeciaの代表曲!と言われる日が近いうちにやって来るのでしょうか。(しかし、、個人的にこの曲を代表曲と言うには弱いと思ってます。)



全てを何風と例えるのも違う気がするのですが、しいて言えばDarkchildことRodney Jarkinsの2000年代のR&Bっぽいな~と思いました。トークボックスの音が耳に残りますね。年始にライブで初めて見たとき1度で気に入りました。


もなりちゃんの「ウォッオーー」が印象的な80’sユーロビート風の現代R&B…でしょうか。ちょっと「さよならクルージン」と印象被りますがこちらの方が80’s感。
曲は本場フィラデルフィアに縁のあるRillsoul先生作です。ジャジーなヒップホップ・ソウル×日本のアイドルという物珍しさと楽曲のカッコ良さ故か、フィラデルフィア現地のニュースサイトでも「There’s a Japanese Girl Group with a Song Titled “West Philly”という記事で話題になっていたようです。もちろんRilsoul先生の名前も!



あと最近公開された「シークレット・ジャイヴ」のMV!
こちらもGyao!のみで公開です。→ Gyao! Especia 「シークレット・ジャイヴ」

メロウで浮遊感がある不思議な仕上がりの曲です。
そしてMVは見る人が見れば誰が作った即分かる!ホンマカズキ氏作。ドバイのトイレをイメージしたMVだそうでw 個人的にこの曲と歌い出しの絵莉加ちゃんの声が好きです。アッパーな曲で声張って歌うのも良いですが、こういう抑えた歌い方だとまた違う良さが出ますね。三瀬さんもなんだかセクシーな雰囲気の声になっててこれも新しい発見でした。

なんだかんだで現段階で既に「Sweet Tactics」以外がネットでチェックできます
「Sweet Tactics」ももうライブでは何度か披露しているようです。私自身この曲と「シークレット・ジャイヴ」以外はライブで見てるので、この後何度か行こうと思っているリリイベで聴けたらいいなあと思ってます。そして、解禁済みの曲を聴いてミニアルバム「Primera」の輪郭が見えてきましたね。今までEspeciaのような80’sディスコやAORの要素がある曲もあれば、「West Philly」のような新しい路線もある、広義でのブラックミュージック要素が強いアルバムになりそうです。


ツアー、そして「Primera」の為のリリイベの嵐を経て、また実力を付けたEspecia。
リリイベに毎回行く程ではない半在宅ファンなので月1くらいで何かしらのイベントに行くのですが、毎回パフォーマンスが洗練されていく様は本当に見ていて面白いです。今1番見ておくべきアイドルだと思います。
ということで、ミニアルバム「Primera」とリリースパーティがとても楽しみ今日この頃です。
アルバム予約特典ライブに行ける方は是非。朝早いのがたまにキズですが…通常盤でもアルバム予約しておけばたっぷりライブも見れますし。1度ライブを見てほしいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。